日経バイオテク8月8日号「研究室探訪」(第8回)

集束超音波とDDSを併用、相乗効果で癌細胞を攻撃

東京女子医科大学先端生命医科学研究所 村垣研究室
(2016.08.08 00:33)1pt
2016年08月08日号
小崎丈太郎

 東京女子医科大学先端医科学研究所(写真1)の村垣善浩教授が、来訪者に好んで見せるビデオがある。村垣教授が示す画面では、確かに飼い主に付き添われて歩く犬がうれしそうにスキップしているように見える(写真2)。ただの犬ではない。村垣教授らのグループが未来の癌治療法として研究開発を進めている音響力学的療法(後述)の恩恵を受けた最初の動物個体が、この犬だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧