第三の構造生物手法、クライオ電子顕微鏡

 日本よりもさらに蒸し暑い6月の香港で、2016年の三次元電子顕微鏡法に関するゴードン会議が行われた。これまでは、毎年ヨーロッパと米国で交互に開催されていたが、初の試みとしてアジアでの開催が香港だった。初日夜のキーノートで英MRC分子生物学研究所のRichard Henderson博士が示した「全ての生体分子複合体の構造はあと数年で分かるだろう」という言葉が、その後も他の発表者に冗談交じりに引用されたのが印象的だった。実際ここ数年、三次元電子顕微鏡法、特にクライオ電子顕微鏡単粒子解析は、報告される構造の分解能が飛躍的に向上し、今回の会議でも多くの発表が3 オングストローム(1オングストロームは0.1nm)台の分解能で、それを元に原子モデルを構築したものだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)