日経バイオテク7月25日号「編集長の目」

診断が付かない患者に対するゲノム医療に期待

(2016.07.25 00:30)1pt
2016年07月25日号
橋本宗明

 臨床的な所見を有しながらも通常の医療の中では診断が付かず、長年悩んでいるような患者に対し、次世代シーケンサー(NGS)による遺伝子解析を行って診断を目指すのが、日本医療研究開発機構(AMED)の主導で進められている未診断疾患イニシアチブ(IRUD)だ。ゲノム研究の1つの出口として注目される。小児患者を対象としたIRUD-Pは2015年夏に始まったが、ほぼ1年遅れの2016年7月15日に成人患者を対象としたIRUD-Aのキックオフミーティングが開催された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧