日経バイオテク6月27日号「研究室探訪」(第6回)

細胞内オミックスデータから、有望薬剤を掘り起こす

産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センター
(2016.06.27 00:33)1pt
2016年06月27日号
小崎丈太郎

 「創薬という名称を掲げた以上、論文を書いて終わり、データベースを作って終わりというこれまでのアカデミアの研究姿勢を改めたい。実際に臨床に役立つ医薬やバイオマーカーを提案したい。今までのところ、幸いにして連戦連勝」と朗らかに語るのは、産業技術総合研究所創薬分子プロファイリング研究センターで副研究センター長を務める堀本勝久氏だ。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

ログイン