日経バイオテク6月13日号「機能性食材研究」(第30回)

オキナワモズク(本もずく)

(2016.06.13 00:35)1pt
2016年06月13日号
河田孝雄

 「機能性食材研究」連載の第30回では、春から初夏にかけてが旬の海藻類、オキナワモズクを取り上げる。褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科オキナワモズク属のオキナワモズク種で、学名はCladosiphon okamuranus Tokida。沖縄本島と鹿児島県の奄美大島などに分布している。「本もずく」「太もずく」とも呼ばれる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧