オキナワモズク(本もずく)

 「機能性食材研究」連載の第30回では、春から初夏にかけてが旬の海藻類、オキナワモズクを取り上げる。褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科オキナワモズク属のオキナワモズク種で、学名はCladosiphon okamuranus Tokida。沖縄本島と鹿児島県の奄美大島などに分布している。「本もずく」「太もずく」とも呼ばれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)