上昇基調だったバイオINDEXは3月期決算を受けて調整

 日経BP・バイオINDEXは、4月19日に600を超えていたが、5月18日には489.84と500を割り込んだ。その後少し持ち直し、5月23日は543.64まで回復した。これまでバイオ株が新興市場全体の株高のけん引役となってきたが、3月期決算の発表を受けて調整が入った形だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)