産官学一体のナノサイエンスの拠点が川崎市に誕生

 文部科学省と川崎市が共同で2015年に設立された研究所が、ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)だ。目標はウイルスサイズのスマートマシンが体内をパトロールし、本人が気がつかないうちに病気を発見し治療する“体内病院”の構築だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)