“ドラッグラグ”の悪夢再び

 2015年7月、政府の健康・医療戦略推進本部の下に設置された「ゲノム医療実現推進協議会」は、ゲノム情報をはじめとする各種のオミクス解析情報を医療の中で実用化していくための方向性を示した中間取りまとめを策定した。2016年4月の診療報酬改定で、遺伝学的検査の対象疾患に42疾患が追加されて72疾患となったのは、その1つの成果といえるだろう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)