4月26日、臨床遺伝専門医の仲田洋美氏が厚生労働省で記者会見を実施し、「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する臨床研究」について、「研究計画がきちんと立てられていない」と指摘した。アウトカムが出ない、分析のできない研究が行われているというわけだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)