クビレズタ(海ぶどう)

 「機能性食材研究」連載の第29回では、熱帯性の緑藻であるイワズタ属のクビレズタを取り上げる。沖縄県の特産品であり、「海ぶどう」として販売されている。小球状の葉のプチプチ感に特徴があり、グリーンキャビアとも呼ばれる。沖縄県の宮古島地方では古くから食用藻とされ、「ンキャフ」と称され、長命草と呼ばれることもある。日本の他にもフィリピン、オーストラリア、グアム、ベトナム、パラオ、ハワイなどに分布している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)