若手研究者の肖像(第13回)

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 感覚神経回路形成研究チーム 今井猛 チームリーダー

研究に対する鋭い着眼点が強み、嗅覚系の神経回路構築の仕組みを解明
(2016.05.16 00:33)1pt
2016年05月16日号
高橋厚妃

 28歳と31歳でScience誌に成果が掲載されるなど、若い頃から成果を挙げてきた。論理だけではなくインスピレーションも大切にして研究に取り組む。現在は、個体の発生段階で神経回路全体が形成されるメカニズムの解明を目指す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧