日経バイオテク4月25日号「業界こぼれ話」

CART療法で増えるトシリズマブの出番

(2016.04.25 00:08)1pt
2016年04月25日号

 スイスNovartis社がグローバルで臨床試験を実施している自家のキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法であるCTL019について、ノバルティスファーマは国内での治験をスタートさせた。CTL019は患者から採取・分離したT細胞にCD19に対するCAR遺伝子を導入して作製したCART細胞を患者に戻す自家細胞療法だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧