遺伝子治療が長い研究開発の末にいよいよ実用化時代を迎えている。欧州医薬品庁(EMA)が4月初めに希少疾患向けの遺伝子治療に対して承認推奨の決定をしたことはそれを象徴する出来事だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)