日経平均株価が3月末から下落を続ける中、新興市場に個人投資家の買いが集まった。マザーズ指数は上昇基調が続き、連動して日経BP・バイオINDEXも3月末から上昇。3月22日に446.94だったところ、3月30日には498.41となり10%強上昇した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)