日経バイオテク4月11日号「業界こぼれ話」

iPS2例目断念を海外専門家はどう見る

(2016.04.11 00:07)1pt
2016年04月11日号

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長らが、2006年に初めてマウスでiPS細胞を樹立した成果をCell誌に発表してから10周年。それを記念して2016年3月22日から24日に、CiRAとInternational Society for Stem Cell Research(ISSCR)との共催で、CiRA/ISSCRInternationalSymposiumが開催された。22日、CiRAの山中所長が特別講演を行い、iPS細胞研究の進捗などについて話した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧