日経バイオテク4月11日号「機能性食材研究」(第28回)

スサビノリ(荒び海苔)

(2016.04.11 00:05)1pt
2016年04月11日号
河田孝雄

 「機能性食材研究」連載の第28回では、スサビノリ(荒び海苔)を取り上げる。日本食ではなじみの板海苔は、ウシケノリ科アマノリ属に分類される紅藻類の海藻の葉状体を乾燥させたもの。日本で現在流通している板海苔は養殖しているスサビノリを原料としたものがほとんどだ。野生種のノリは、東アジアに自生し、日本や韓国、中国など世界の一部地域で食用にされている。海苔を養殖している国は現在、日本と中国、韓国、英国、ニュージーランドなど。この連載の前回(第27回)の「ホタテ(帆立)」に続き、日本が誇る“海の幸”といえる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧