若手研究者の肖像(第12回)

産業技術総合研究所生物プロセス研究部門生物共生進化機構研究グループ 二橋亮 主任研究員

“トンボ屋”から“トンボ研究者”へ、昆虫の不思議な現象をひも解く
(2016.04.11 00:03)1pt
2016年04月11日号
久保田文

 トンボの観察や撮影、採集、研究を趣味とする者のことを俗に“トンボ屋”と呼ぶ。筋金入りのトンボ屋が、そのまま一流学術誌に論文を掲載する“トンボ研究者”になった。二橋はそんな存在だ――。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧