日経バイオテク3月28日号「審査報告書を読む」

「タイサブリ」 ナタリズマブ

米国から10年遅れて日本で承認、白質脳症など副作用で管理計画
(2016.03.28 00:03)1pt
2016年03月28日号
木下玲子=北里大学医学部精神神経科学助教

 今回は2014年5月、多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)の再発予防および身体的障害の進行抑制の効能・効果で承認された「タイサブリ」(ナタリズマブ)を取り上げる。ナタリズマブは旧米Biogen Idec社(現米Biogen社)により創製されたヒト化抗ヒトαインテグリンモノクロナール抗体であり、免疫細胞が血管内皮を通過して中枢神経に到達するのを阻害することで炎症を軽減し、多発性硬化症の再発を予防する薬剤である。2004年11月、世界で初めて米国で承認され、2013年10月現在、68の国と地域で使用されている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧