日経バイオテク3月28日号「In The Market」

バイオINDEXは450台を回復、40社目にフェニックスバイオが上場

(2016.03.28 00:09)1pt
2016年03月28日号
久保田文

 2月半ばから日経平均株価が軟調に推移した影響で新興市場に資金が流入。マザーズ指数は上昇傾向となり、日経BP・バイオINDEXも3月15日、25カ月ぶりに450台を回復した。この上昇傾向に乗り切れなかったのが、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズだ。2月半ば以降は堅調に推移していたが、3月10日に2016年3月期通期の業績予想の下方修正を発表。売上高の予想を9億円から7億6500万円に引き下げ、営業利益予想、純利益予想ともに赤字に転じた。主力のメタボローム解析事業で、大型案件の仕様の見直しや米国での案件受注に遅れが生じたことに加え、大うつ病性障害の血液バイオマーカーの実用化に向け前倒しで投資を実施したことなどが響いた。3月10日に852円だった同社の終値は3月18日に800円を付けた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧