「編集長の目」でも触れているが、第15回日本再生医療学会総会で、多くの講演者が発表の中で同じ内容の発言を行った。その発言とは、「再生医療の普及には治験と臨床研究の両方が必要」というものである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)