2016年3月2日から2日間にわたり、都内で日本医療研究開発機構(AMED)主催の革新的医療技術創出拠点プロジェクトの2015年度成果報告会が開かれた。同プロジェクトは、アカデミア発のシーズを実用化につなげるため、医師主導治験などを後押しするもの。2日目には、各プロジェクトを担当する研究者が、研究開発の現状について報告を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)