若手研究者の肖像(第11回)

東京大学理学系研究科生物科学専攻動物発生学研究室 入江直樹 准教授

本音のコミュニケーションを重視、進化や個体発生の法則性に強い関心
(2016.03.14 00:06)1pt
2016年03月14日号
高橋厚妃

 2013年、当時、理化学研究所神戸研究所発生・再生科学総合研究センター(現多細胞システム形成研究センター:CDB)の研究員だった入江直樹は、中国BGI社の研究機関や英国Wellcome Trust Sanger Institute、欧州European Bioinformatics Instituteなど11の研究機関を含む国際的な研究グループ「国際カメゲノムコンソーシアム」を率いて、世界に先駆けて爬虫類のカメの全ゲノムを解析し、カメが爬虫類系統樹の中で、ワニやトリ、恐竜に進化的に近いことを突き止めた。これは、カメがトカゲやヘビと進化的に近いとする学説を覆す結果だった。研究成果は、同年にNature Genetics誌に掲載され、話題となった。入江は、著者数が33人にも上るその論文の責任著者となっている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧