日経バイオテク3月14日号「機能性食材研究」(第27回)

ホタテ(帆立)

(2016.03.14 00:07)1pt
2016年03月14日号
河田孝雄

 「機能性食材研究」連載の第27回では、貝柱などが食用にされるホタテ(帆立)を取り上げる。冷水性の二枚貝で、日本を代表する水産食材の1つ。標準和名は、カキ目イタヤガイ科のホタテガイ。日本北部や千島列島、サハリン、朝鮮半島北部などに分布しており、主に水深10mから70mの砂の海底に生息する。北海道網走市の能取湖や北海道で最も大きな湖であるサロマ湖など、波の穏かな汽水湖では、水深2mのところに分布する。2枚の貝殻のうち面積と膨らみが大きな右殻(うかく)を下にして生息している。貝殻を閉める筋肉である閉殻筋が大きく、この閉殻筋を使って貝殻を勢いよく開閉することにより、水中を泳ぐことができる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧