事業領域を絞り込んだ武田薬品とエーザイの決断

 今号のオンライン閲覧TOP15の上位には、製薬企業に関する話題が並んだ。第2位は武田薬品工業の研究開発戦略を取り上げた記事。同社は最近、消化器、癌、精神神経の3領域に経営資源を集中する一方、代謝性疾患と循環器領域については創薬研究をやめる方針を打ち出した。記事ではこのうち特に多額の投資を続けてきた糖尿病領域に見切りをつけるに至った経緯を解説した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)