カシス(black currant)

 「機能性食材研究」連載の第26回では、カシス(英名:black currant)を取り上げる。カシスはフランス語の名称で、和名は黒房すぐり(クロブサスグリ)。ユキノシタ科スグリ属に分類される温帯性の落葉低木で、北欧が原産とされ、紫紺色の小さな実をつける。実は果肉まで深い色で、芳香や酸味に特徴がある。欧州では日常的に食用にされ、葉は民間薬としても使用される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)