日経バイオテク2月15日号「機能性食材研究」(第26回)

カシス(black currant)

(2016.02.15 00:08)1pt
2016年02月15日号
河田孝雄

 「機能性食材研究」連載の第26回では、カシス(英名:black currant)を取り上げる。カシスはフランス語の名称で、和名は黒房すぐり(クロブサスグリ)。ユキノシタ科スグリ属に分類される温帯性の落葉低木で、北欧が原産とされ、紫紺色の小さな実をつける。実は果肉まで深い色で、芳香や酸味に特徴がある。欧州では日常的に食用にされ、葉は民間薬としても使用される。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

機能性食材研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧