パイプライン研究

統合失調症治療薬

日本企業の創製品がブロックバスターに、情報技術を組み込んだ薬剤の登場近い
(2016.02.15 00:05)1pt
2016年02月15日号
伊藤勝彦

 統合失調症の最初の発症は16歳から25歳の間に多い。病因は完全には解明されていないが、遺伝的素因に幾つかの誘因が重なって発病すると考えられている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

パイプライン研究のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧