化成品産業界に革命起こす、芳香族化合物を微生物で生産

 医薬品原料や化粧品、香料など、我々の日常生活には非常に多くの芳香族化合物が使われている。しかし、芳香族化合物は、植物からの抽出・精製法では収率が低く、原料が大量に必要だったり、化学合成法では合成や精製のプロセスが複雑になったりするため、高価になりがちだ。一方、微生物で生産しようにも、芳香族化合物は概して生体に対し毒性が高く、生合成できないか、あるいは生合成できても収率を高めていくことが難しい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)