日経バイオテク2月1日号「業界こぼれ話」

経皮吸収剤で時価総額1兆円超を目指せ

(2016.02.01 00:10)1pt
2016年02月01日号

 先日、メドレックスの松村眞良社長に取材をする機会があった。同社は、既存の経口薬や注射薬の有効成分を貼り薬や塗り薬として開発するベンチャー企業。現在、医薬品をイオン液体化する独自の技術を利用した消炎鎮痛貼付薬『ETOREAT』が、米国でフェーズIIIの段階だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧