日経バイオテク2月1日号「編集長の目」

日本市場は魅力的だと言えるのか

(2016.02.01 00:00)1pt
2016年02月01日号
橋本宗明

 1月20日に開催された中央社会保険医療協議会総会で、特例拡大再算定の対象として薬価が大きく引き下げられる4品目が決まった。特例拡大再算定は2016年度からの薬価制度改革により導入される制度で、年間売上高が1000億円または1500億円超でピーク時の予想販売額を大きく上回った医薬品について薬価を再算定し、最大50%の薬価引き下げを行う。まずはギリアド・サイエンシズのC型慢性肝炎治療薬ソバルディとハーボニー、中外製薬の抗癌剤で抗VEGF抗体のアバスチン、サノフィの抗血小板薬プラビックスの4成分に、この制度が適用されることになった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧