東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻システムズ薬理学教室 上田泰己 教授

 2002年、体内時計の研究で注目され、その後27歳で理研のチームリーダーに就任した。40歳になった2015年には実用化につながる技術を表彰することで知られる山崎貞一賞を受賞。今までの自身の研究生活と、若手研究者を取り巻く環境について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)