日経バイオテク1月18日号「業界こぼれ話」

重要性増すオプジーボのCDx開発

(2016.01.18 00:10)1pt
2016年01月18日号

 年明け早々、小野薬品工業が抗PD1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)の診断薬を開発するという一部報道があった。投与前にオプジーボが効きやすい患者を確かめられるコンパニオン診断薬(CDx)を開発するという。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧