ドイツBayer社医療用医薬品部門の研究開発責任者に聞く

 がん領域、循環器・腎臓領域、婦人科領域といった研究開発の主要領域に加え、眼科領域、血友病、遺伝子治療や細胞治療を外部パートナーと協働で研究開発に取り組む領域に位置付けながら、モダリティの多様化へ投資を加速させている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)