日本医療研究開発機構(AMED)の末松誠理事長に聞く

 日本医療研究開発機構は国内外の垣根を越えたデータシェアリングを強力に推し進めている。未診断疾患イニシアチブ(IRUD)では国内438病院がデータを共有して、890人の難病患者に診断が付いた。AMEDを率いる末松誠理事長に、IRUDのこれまでの成果と今後の見通しを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)