ペプチドリーム 舛屋圭一 取締役研究開発部長に聞く

 ペプチドリームは、これまで、非天然アミノ酸を含む特殊ペプチドを合成する同社独自の創薬プラットフォーム「PDPS(Peptide Discovery Platform System)」を用いて製薬企業が見いだした標的に作用するペプチドを取得、当該企業に譲渡し、対価を受け取る形の共同研究開発を複数手掛けてきた。既に全世界でメガファーマを含む17社と共同研究契約を結ぶ。だが2016年以降、新規の技術の獲得を目的とした戦略的提携を増やしている。これらの提携の狙いと今後について、研究開発を主導する舛屋圭一取締役研究開発部長に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)