アステラス製薬の安川健司代表取締役社長 CEOに聞く

 疾患領域をあえて限定せず、バイオロジー、モダリティ、疾患の組み合わせからフォーカスエリアを構築。連続的にフォーカスエリアをつなげることで、持続的なイノベーションを生み出そうと取り組みを進めている。フォーカスエリアアプローチの導入経緯と現状、これからの見通しについて安川健司社長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)