田辺三菱製薬の上野裕明社長に聞く

 2020年4月、三菱ケミカルホールディングスの100%子会社となって間も無い田辺三菱製薬の社長に就いた。事業、コーポレート、デジタルの3分野でシナジーを検討中だが、100%子会社化で議論しやすくなったという。事業環境が変化する中、イノベーションの機会、ビジネスの裾野、地域を拡大して、成長を追い求める考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)