米AbbVie社 探索担当のJim Sullivanバイスプレジデントに聞く

 米AbbVie社は、医療用医薬品の売上高で世界8位。売上高1位の医療用医薬品である抗TNFα抗体の「ヒュミラ」(アダリムマブ)を擁し、2017年の売上高は前年比10.1%増の282億1600万ドル(3兆1038億円)に上る。同社の重点疾患領域は、クローン病や潰瘍性大腸炎、関節リウマチなどの免疫・自己免疫領域、血液癌と固形癌の双方を手掛ける癌領域、アルツハイマー病やパーキンソン病を含む神経科学領域だ。加えて、C型肝炎を含むウイルス感染症、嚢胞性線維症でも創薬研究を進めている。2018年5月14日、探索担当を務めるJim Sullivanバイスプレジデントが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)