量子科学技術研究開発機構・平野俊夫理事長に聞く

 インターロイキン6の遺伝子のクローニングなど免疫学の世界で華々しい業績を挙げた平野理事長。新生・量研の理事長に就任するとそれまで何の接点もなかった核融合研究をはじめ量研の情報発信に邁進。さらに黎明期にある量子生命科学に着眼、量研をその研究拠点の1つにすべく奔走している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)