日本新薬 研究開発担当の髙垣和史取締役に聞く

 日本新薬は低分子薬に加え、新たな創薬モダリティとして核酸医薬の研究開発にも取り組んでいる。自社創製した核酸医薬の開発品目も増え、今後は遺伝子治療など創薬モダリティをさらに拡充させる方針だ。2021年度の研究開発費は約264億円と規模は大きくないが、自社の強みを生かした創薬研究を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)