みらか中央研究所・小見和也社長兼所長に聞く

 2017年7月、みらかホールディングスは各事業会社の基礎研究を集約し、みらか中央研究所を発足させた。次世代シーケンサーを用いた検査など、これまで手薄になっていた新領域、新技術への対応が役目だ。マイクロバイオームやエクソソームは解析プロトコルを確立し、安定的に解析できる技術基盤の提供を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)