日本医療研究開発機構(AMED)の三島良直理事長に聞く

 2015年4月、日本の医療分野の研究開発の司令塔として立ち上げられた日本医療研究開発機構(AMED)は第1期の5年間を終え、2020年4月から第2期に突入した。それに伴って、AMEDの指揮を執る理事長も末松誠氏から、東京工業大学の元学長で、現在は戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプログラムディレクターなどを務める三島良直氏に交代した。理事長を引き受けた経緯や日本の医療分野の研究開発をどう支援していくのか、理事長就任直後の2020年4月17日、三島理事長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)