京都大学iPS細胞研究所(CiRA)山中伸弥所長に聞く

 2017年1月23日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、健常ドナー1人から製造し、臨床向けに複数の研究機関に提供していた臍帯血由来iPS細胞株の製造過程で、本来使用すべきでない試薬を用いた可能性が発覚したとして臍帯血由来iPS細胞株の提供を停止した(表1)。今回の事態を招いた原因や今後のプロジェクトの在り方について、2017年2月27日、山中伸弥所長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)