キーパーソンインタビュー

田辺三菱製薬の三津家正之社長に聞く

デジタルメディスンは2025年までには実用化、マネージャー数は「今の5分の1でいい」
(2019.02.25 00:34)1pt
2019年02月25日号
坂田亮太郎

 田辺三菱製薬は2018年11月、事業環境の変化を受けて中期経営計画で掲げていた経営目標を下方修正した。コストを削減するため国内の研究拠点や工場を集約する一方、米国での開発体制は強化する。合理主義者の三津家正之社長は穏やかな口調ながら、社内体制を抜本的に変えていく決意を表明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

キーパーソンインタビューのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧