国内製薬企業の2016年度上期の動向

 国内製薬企業の2016年度上期の業績が出そろった。武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、大日本住友製薬など、3月期決算で売上高上位の製薬企業は、薬価改定や円高の影響により軒並み減収となった。ただし、塩野義製薬はロイヤルティー収入の伸びや新薬の影響で増収。成長が著しい小野薬品工業も、「オプジーボ」(ニボルマブ)の伸びなどで増収となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)