リポート

2016日米先端医療技術事業化会議の現地報告

医療分野のネットワーキングイベント、再生医療や個別化医療の事業化で議論
(2016.12.19 00:33)1pt
2016年12月19日号
高橋厚妃

 アライアンス・フォーラム財団(原丈人代表理事)と日本国政府が共催する、日米先端医療技術事業化会議(2016 World Alliance Forum in San Francisco :WAFSF)が2016年11月21日から22日に米サンフランシスコで開催された。WAFSFは、再生医療などのヘルスケア分野の先端技術の実用化に向けた議論やネットワーキングを目的として年1回開催されているものだ。「WAFSFが事業提携のきっかけになることも少なくない。富士フイルムによる米Cellular Dynamics International(CDI)社の買収や、武田薬品工業と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の共同研究契約であるT-CiRAの話は、WAFSFの場で話が進んだ」と主催者の原丈人代表理事は話す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

リポートのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧