韓国で始まった遺伝子パネル検査の保険適用

 韓国ソウル市にあるCatholic University of Koreaの付属病院であるSeoul St. Mary’s Hospitalは、41の診療科、1356床の病床を抱える韓国有数の大規模病院だ。年間の外来患者数は延べ約170万人、入院患者数は約44万人に上る。同病院では2017年7月から、韓国政府が新たに設けた“特別ルール”によって、次世代シーケンサー(NGS)を用いた遺伝子パネル検査(クリニカルシーケンス検査)を保険診療で受けられるようになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)