リポート

CRISPR/Cas9の世界の特許動向

世界で様々なCRISPRの特許が成立、日本企業は躊躇せずに積極的に利用を
(2017.12.04 00:32)1pt
2017年12月04日号
白江英之=バイオ産業情報化コンソーシアム

 2012年にCRISPR/Cas9によるゲノム編集技術が発表されてから早5年。染色体上にある遺伝子配列の置換や欠損、外来遺伝子の導入が安価で正確に、しかも誰でも高効率に実施できることから、同技術の利用が世界中で急拡大している。特許調査会社のスイスIPStudies社は、2012年に同技術が発表されてからこの5年間(2017年8月末まで)で、CRISPR/Cas9に関連する特許出願数(公開特許)が1724ファミリー(特許群)に達したと報告している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

リポートのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧