塩野義製薬のペプチド医薬へのアプローチ

 「これまで低分子の創薬を中心に取り組んできたが、低分子創薬に適した標的は少なくなってきており、難易度が上がってきたことを実感している」。塩野義製薬医薬研究本部先端医薬研究所で中分子研究統括リーダーを務める釘宮啓氏はこう話す。そこで同社は新しいモダリティの1つとして、ペプチドの創薬に力を入れている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)