アルツハイマー病創薬最前線2018

 アルツハイマー病(AD)の病理画像マーカーの確立を目指す米国ADNIプロジェクト(Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative)の主席研究員を務めるMichael Weiner教授は、2018年7月に米国シカゴで開催されたADの国際会議(AAIC2018)において、「転機となる成果」として、日本が関わる2つの研究を挙げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)