創薬で用いられ始めた人工知能

 人工知能(AI)を活用した創薬に対する関心が高まっている。医薬品開発の成功確率は年々下がっており、それに伴って開発コストが高騰している。一方で、世界的に医療費の抑制も課題となっており、高額な薬剤価格が受け入れられ続けるとは考えにくい。そんな中、AIを活用することで効率的にヒット化合物を手に入れることができ、実際に実験などを行わなくても効率的に情報を入手できる可能性がある他、治験の成功確率を上げられる可能性があるのではないか、ひいては創薬を安価かつ短期間で開発できるのではないかとの期待が集まっているというわけだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)